蚊取り対策

ことしは4月のはじめに蚊を見て驚いたばかりだが、ゴールデンウィークが始まる頃、また、蚊に遭遇してしまった。
例のごとく、夜中、寝ている時に、いや~な羽音で目が覚めた。
毎回のように、イラっとするこの音。私だけなら布団をかぶって眠ってしまうところだが、赤ちゃんが隣で寝ているので、そういう気にもなれない。
しかし、前回、睡眠不足になり、とても嫌な思いをしたので、ちゃんと対策は考えてある。
ネットなどで調べて、赤ちゃんに影響の少なそうな、電気式の蚊取りアイテムを買ってみた。しかし、使う時になって気づいたのだが、この機器、蚊を駆除するために薬剤をセットし、ボタンを押すことで、殺虫成分が部屋に充満するらしい。
電気式というものだから、てっきり、蚊の嫌がる波長みたいのを出して、退治したり、追い払うものかと思っていた。しかし、実際は、煙が出ない蚊取り線香と言ったところ。しかも、天然成分ではない。本当に大丈夫なのだろうか?
こわごわボタンを押し、一時間ほどだけ使ってみると、蚊が、よろよろと寄ってきたが、手で取ろうとすると逃げ、そのうち音がしなくなった。
ボタンを止めて、ぐっすり眠ることができた。
確かに、驚きの効き目だが、もっと優しいものはないだろうか?
子供ができてから、今まで全く気にならなかったような悩みが増えた。私一人なら、間違いなく毎日使うな、このアイテム。

日曜午後

今日は日曜日。時間はもうすぐ午後3時になろうとしている。今自分は、近くの喫茶店に立ち寄って記事を考えているところ。
きちんと黄金樹のお得な情報も書いておこう。参考にしてくださいね。

わざわざ喫茶店にきて考えている理由は1つだ。自分は自宅にいると、勉強でもなんでも身が入らなくなるタイプだからだ。

自宅にいると、あらゆる誘惑が自分を襲い、それでどうしてもゴロゴロして1日が終わってしまうので、少しの刺激を与えようと来た。

日曜日ということで混雑しているだろうと思いきや、店内は空いている。数人いる年配の人たちが、新聞や雑誌を片手にくつろいでいるのが目につくぐらい。考えを巡らせる場所としては悪くない。

これから夕方に差し掛かり、休みが終わる前の最後の数時間、ゆっくりと時間が流れていく中で、半分無意識の状態でシャープペンシルを走らせていく。その時間は心地の良いものだった。

そこに店のラジオが流れている。ゆるい雰囲気の中に、ザラザラとした音。

昔から日曜日はラジオの時間という勝手なイメージを持っており、ほっとして適度な感じで力が抜けている。

そろそろ自分の言葉がまとまってきたところなので、帰ったらまとめなおすことにしようと思う。

ウトウトしながら

ウトウト……スマートフォンのとあるページに目を通している自分。

しかし見ているうちに、意識が遠のいているように感じる。

放課後等デイサービスに関する資料に目を通していこうということで、検索をしていた。

その内容は放課後等デイサービスの現状についてのものだが、ずっとページをずらしていっても終わらない、よくよくページ数を見てみれば、76ページ。

最初はこの部分が問題だとか、自分で考えながら目を通しているからいいが、それも続かない。段々と目をパチパチさせ、最後は夢の世界に入っている。

このような時に、気分転換をしようとするが、この時にやっていることと全く違うことをしてはいけない。

例えば、趣味のDVDを見たり本を読むのは、自分の性格的にはNGだ。これだと趣味の世界から再び意識を資料に戻すのが難しくなる。

再び資料に集中するためには、別分野の資料に目を通すようにすること。それは子どもの遊びのことなど、前に見ていたものから少しずれたテーマのものでも良い。

そうすることで、切り換えもスムーズにできると思う。

資料の分析で眠くなるのは確かだが、対策を立てながら。なんとか読み切っていきたい。

一言が気になった

自分のいる施設では、毎日のように公園に繰り出すのが活動の1つ。ただ、先日その公園遊びの後の場面で、ある子に気がかりな場面があった。

生命の乳酸菌 楽天の情報も気になりますけどね。

その日もいつもと同じ流れで、おやつを食べた後に公園へと出かけた。

4時過ぎに公園に向かったので、いつもより時間は少ないが、子どもたちは園内のネコと触れ合ったり、散歩をしたりして過ごしていた。

その子もネコと遊び、指導員にネコの名前などを紹介したりしながら楽しんでいた。

そうして遊んだ後、帰りの時間が近くなったので施設に戻ることにした。皆が帰っていく中、その子は公園のベンチに座ったり、ゆっくり歩いたりしていた。

帰ろうと声をかけるがなかなか動こうとはしない。そこで近くで声をかけて話を聞いてみると、「これなら中で遊んでればいいじゃん」と一言。

本人としては、長く遊ぶつもりで心の準備をしていたにもかかわらず、わずかな時間で終わってしまったことによる消化不良、遊び足りないモヤモヤが残っていたのかもしれない。

日程の設定を間違えていたことも、今回の原因に挙げられるような気がする、気持ちの持っていき方を考えないといけない。

最近の子ども服

特に予定のない日だったので、あちこち回って、普段できないでいた買い物を済ませてきました。
それで気が付いたのですが、最近の子ども服は、フードに耳の付いた、着ぐるみみたいなものがたくさんあるんですね。

白くまや猫、何かのキャラクターのようなものまで、何人も見掛けました。
私は周りに幼い子供がいないので知りませんでしたが、とても可愛かったです。

本人は多分何も分かっていないまま着ているんでしょうが、かえって大きくなると恥ずかしかったりして着る機会もなくなってしまうし、記念にもなるし、将来写真で見ると、案外嬉しいものかもしれません。

そういえば、サンタクロースの衣装の、乳児向けのサイズのものを売っているのも見ました。

写真館まで行って写真を撮るというと、敷居が高い感じがありますが、こういうものを買って行って撮影すれば、好きな場所で、機嫌のいいところを見計らって撮れるし、便利でしょうね。

両親はトナカイの格好をしたりして、そんな写真なら見せられた方も楽しい気持ちになりそうです。
子ども服を選ぶのは楽しそうでいいなあ、と少し羨ましくなった日でした。

夜空を見て思うこと

今日は面白いことを聞きました。
火星のクレーター部分は、昔湖だったらしいのです。

私はあまり宇宙や天体に詳しくないので、火星というと、あの例のくらげのような宇宙人と、なんとなく聞いたことのある、水があったらしいという情報くらいしか知りませんでした。

ヘアドーンで育毛することなんてすっかりわすれるくらいです。

だから知らなかったのですが、少し前にNASAが探査機を送っていたんですね。
その探査機が撮影した画像から、湖のことが分かったそうです。

湖ということは、くらげがいたかは微妙なところですね。
そういえば、月面探査の車両は、とんでもない額を費やして作られたと、先日テレビで言っていました。

それでも走行距離はわずかなもので、しかも月に置き去りにして人間たちは帰ってきたとか。
今頃どうなっているんでしょうか。

この頃寒いので、毎晩とても綺麗に、はっきりと星空が見えます。
月もよく見えますが、あれが太陽と比べて、とても近くにあるというのは少し不思議な気がします。

しかもその表面に、国旗や月面車があるとは。
もちろんまったく見えるサイズではありませんが、見えたらどんな感じがするか、色々想像してみると、ロマンがありますね。

早いと思われていますが

今日でほとんどの所が仕事納めです。
仕事の進行によっては年越しをするものもあるのです。

仕事もこの日まで終えた人は机など掃除をしているそうです。

ここで断捨離をしている人もいましている物や処分する物に分けていくのです。
いらない書類なども捨てる事もあるそうです。

新しいフォルダーに書類などを入れて分けやくして取りやすくする人もいるそうです。
これで新しい年でも仕事がはかどる事も出来るのです。

そして、机の中まで綺麗にしていくそうです。
これが終わると訓示をして今年が終わるのです。

こうした所は会社だけではなく県庁や市町村役所関係も同じなんだそうです。

ただ、警察関係はこうした休みがないので訓示だけなんだそうです。
また、図書館関係などは明後日まで開いていますが、週明けからは休館となるそうです。

でも、受験生の勉強が出来ないと思われていますがここは工夫をするのがいいと思われています。
今日は息抜きをしてもいいと思ってはいるのです。

そこまでが暇がないので大変だと思っています。

年末は忙しいので今後は慌ただしくなるので暇がないです。
家庭の仕事が待っているので大変だと思っています。

ここから歴史が始まった

こないだは日本がプロ野球が誕生した日なのです。
まだ、日本が戦争が起きる前からリーグがあったのです。

当時は中等野球(現在は高校野球です。)や大学野球が盛んだったのです。
そこにベイブルースを中心にしたアメリカ大リーグ選抜が来日をしたのです。

日本はどうやってチームを組んだのかと言いますといい選手を選んで出場をさせたのです。
結果はと言いますとやられてばかりいたそうです。

ピーチアップ

しかしながら一人の投手がベイブルースを抑えた投手がいたのです。
それが沢村投手だったのです。

抑えたがホームランを打たれて負けたと言います。
こうした評判も良かったと言われているのです。

この様にこの為に選ばれて選手達はのちにアメリカ遠征も行ったそうです。
当時は飛行機などはないので船で移動をしていたのです。

甲板で練習をしていたそうです。

この遠征した選手を中心にして巨人軍が誕生したのです。
後に阪神など他のチームが参加した事でプロ野球が生まれたと言います。

長い歴史があるのにはこうした事から始まったと言われているのです。

巻き巻き!手巻き寿司!

娘からのリクエストで、夕食は手巻き寿司。
具材はお刺身、きゅうり、かにかま、卵焼き、レタス、ねぎとろ。卵焼きは家で焼き、のりは頂き物を使いました。

提案した娘はものすごく張り切っていて、のりを四角に切ったり、きゅうりを切ったりとたくさんお手伝いをしてくれました。
具材やごはん、のりをテーブルに並べると、一気に豪華な食卓の完成です。

購入した物はお刺身、かにかま、ねぎとろ。卵は1500円以上購入すると無料でプレゼントの日だったのでタダ、その他の食材は家にあった物を使ったため、約2,000円分購入しました。

我が家は5人家族なので1人当たり400円。1回分の食費と考えると少し割高かも知れませんが、回転寿司に行くと、5人で少なくとも5,000円はかかってしまうので、とてもお得です。

買ってきた物をほぼそのまま出すだけなので、準備も簡単。洗い物も少なくて楽ちん、楽ちん。

子供達も自分で巻けるようになったので、それぞれ好きな具を入れて楽しんで食べていました。欲張りすぎて巻ききれなくなったりもしていましたが…。

楽しくおいしく食べられる手巻き寿司。頻繁にはできないけれど、甥っ子達が泊りに来た時などにまた作りたいなあと思います。

アイロンビーズ

我が家での今のブームはアイロンビーズ。去年の秋、インターネットでたまたま見つけた「妖怪ウォッチ」のキャラの図案を見つけたのが始まりでした。

アイロンビーズとは、ストローを細かく切ったような形のビーズを専用プレートに並べて絵柄やモチーフを作り、アイロンで温めて固めて完成させるものです。

けっこう細かいビーズを指先でつまむので、集中力もつきそうだし、脳の刺激にもなりそうです。
子供達は難しくてへこたれてしまう事もあったのですが、頑張って完成させていました。

去年の秋、縁取り用の黒のアイロンビーズが欲しくておもちゃ屋さんに行った所、やはり妖怪ウォッチブームでキャラをアイロンビーズで作る人が多かったのか、メーカー欠品になっていました。

さすが妖怪ウォッチ、すごいなあと感じました。
年末に行くと、黒も白も発売再開されていた為、まとめ買いしました。

主人がお正月休みの間、子供達と3人で、プレートを2枚使った大物の作品も制作していました。普段、仕事が忙しくて一緒に遊ぶ機会が少ないので、子供達も嬉しそうでした。

寒くて外に出る機会のない今の時期、おススメです。
チャップアップ 最安値