こんなわかった政党があるか

去年の衆議院選挙は自民公明圧勝に終わりまして、民主と維新を中心とした野党の敗北となった。

小選挙区の強さなのか比例代表でも圧勝をしているのです。
これによって小選挙区で負けてもこうした惜敗率で当選をする人が多かったのです。

しかし、小選挙区で勝負をしたり無所属の人は大変だったのです。

北海度の比例選挙区で変わった政党が他の政党を抜いた事が明らかになったそうです。
それが「支持政党なし」なのです。
投票をする政党がないと「なし」と書く事があるそうですがこうした事を記入すると「支持政党なし」に票が入るのです。

これは噂がありまして「その発想がなかった」や 「なにその罠」などいろんな意見が出ました。

中には「試させる大地」と話題になっていたのです。
この政党があるのかと気になると人もいますが有名なサイトやTwitter上では大騒ぎになったのです。

「詐欺だろ」や「騙される大地」と書かれています。
「選管は仕事しろよ」とお怒りもあったそうです。
これは認められるのかどうなのかはかなりわからないと思われていますが謎が一杯だと思われているのです。

これでも獲得はしていますが当選しても無所属扱いだと思われています。
来年の地方選挙はこうした事がないようにしてほしいと思っています。

今回はどうなのか

楽天市場が20代から50代まで男女50人ずつ年末年始の過ご仕方や使う予算などネットで調査した所この様な結果が出たのです。

余り満足してない人と全く満足をしていない人が圧倒的に多かったのです。
その為なのか年末年始に利用する予算が1万円から5万円未満の人がほとんどなのです。
と言いますのもアベノミクスで景気が上がったと言われている人がごくわずかだと言います。

また、ボーナス支給額も少ないので貯金に回した人もいるので仕方がないと思っています。
この春には消費税8%になった事もあって控えた人もいるのです。

こうした事で自宅でのんびりする人が多いと思われているのです。
しかし、年 末年始は何かと忙しいので予算も考えて使わなければならないのです。
この様に我慢して過ごしている人もいます。

中には帰省を予定をしている人もいますが交通費がかなりいるのです。
現地での小遣いもかなりいるのです。
こんな時に安い航空会社を利用するものいいと思っています。

また、早割などしている所もあるのでいいと思っています。
年末年始は何かと忙しいと思われていますが予算が少ないので計画の利用は考えて欲しいと思っています。

ここもやるそうです

外国はそうなのかもしれませんが、日曜日が選挙の投票日でもありまして開票作業もあるのです。

毎回、各放送局は選挙の開票特番が控えているのです。
所が異変があったのです。
NHK大河ドラマの最終回がある日がなんと開票特番と重なってたのです。

ここは今回の最終回は1時間になるのでエンドになる予定なのです。
この日で終わると言うのに選挙となった事で1週ずらして放送する事が決まったそうです。

そして、先に放映しているBSプレミアムもこの日は休止をする事になったそうです。
こうした影響は民放にもありまして「ザ・マンザイ」も時間を夕方5時からとなったそうです。
この時間帯は30分後に は「笑点」が始まるので重なったと思われているのです。

今年はこうした選挙特番があるのでこの時間帯になったと言われています。
急に決まってこの様な騒ぎになったのです。
そしてあのにこにこ生放送も選挙特番をやるそうです。
ここも有名なタレントさんなどが出演をするそうですがここは文字も流れるのでどんなことになるのか観たいです。

楽しみがないと思われてしまう人もいますが仕方がないと思うのです。
早く落ち着きたいと思っています。

やっぱり良かったね

ずっと前、紅白歌合戦の出場者決定が決まりましたがやっぱり気になるのがトリを誰がするのかと思われているのです。

昨年は北島三郎さんが紅白を卒業となった事で出演者全員で最後は盛り上げたと言います。
今年は誰が最後に務めるのかと何もかも気にしていました。

演歌系やJポップなどがしていましたが誰がやるのはその年に相応しい人でなければならないと思われているのです。
こうしている内に今年のトリが決まっていたのです。
今年は白組の司会を務めている「嵐」が初めてですがトリをするのですが紅組がなんと松田聖子さんがトリを務めるそうです。

演歌などで盛り上がっていましたが今年はポップ系 で締めるとは私たちには驚くような事になったと思われているのです。
お互いに初めてトリを担当するので曲も迷っていると思われているのです。
特に聖子さんは娘の神田沙也加さんも出場をしているのでプレッシャーもあると思われているのです。
こうした、最後の締めをやるのは緊張があると思っているのです。

今年は何かが面白いと思うのかどうなのかは見ないとわからないと思っているのです。
民放の裏番組がどう面白くするのか一番気にしていますが紅白が強力だと思っているのです。

流行語大賞発表。「ダメよーダメダメ。

毎年定番の「流行語」が発表されましたね。

去年の大賞は「ダメよ〜、ダメダメ」と「集団的自衛権」。
ご存じだとは思いますが、「ダメよ〜、ダメダメ」は、女性お笑いコンビ、日本エレキテル連合のコント「未亡人朱美ちゃん3号」で、細貝さんの「いいじゃないの〜」とセットで掛け合いに使われているセリフです。
学校や保育園でも流行っているようで、「宿題してね」「手伝ってね」というと、「ダメよーダメダメ」と言われ、保育園にお迎えに行くと、「いいじゃないのー、って言って」と子供と同じクラスの子に言われるので、言ってあげると、「ダメよー、 ダメダメ」と返ってきます。
かわいらしいのですが、1人に言うと、何人にも言わなければいけないので、ちょっと疲れます。
流行語大賞に輝いたお笑い芸人の方は、翌年には消えてしまうというジンクスもあるようですが、TVに出られる回数が減ってはいるものの、地方巡業やCMに出ておられたりするので、年収数千万以上の芸人さんもいらっしゃるそうです。
プロフィールを見ると、日本エレキテル連合が演じているキャラクターは、100種類もあるのだとか。
「朱美ちゃん」は、作りこまれたキャラで、本物のロボットのように感じる事も多々あるので、他のキャラクターもぜひ見てみたいです。
でも、何で「いいじゃないの〜」の方は選ばれてないのかなあ?